So-net無料ブログ作成

滑り込みゲゲゲ展

本日で最終日の松屋銀座『水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展』
(もういい加減いつも最終日に滑り込むのはやめたい……)

生原稿の迫力は思っていた以上であった。
画力が最高潮に達していたと思われる時期が、
(会場内のパネルによる区分けだと)
墓場鬼太郎の連載が始まった、S40年からの「超多忙時代」、
水木氏43歳〜の頃。

「超多忙時代」前の10年は「貧困時代」で後は「冒険時代」。
身体は相当キツかったと想像するに容易だが、
どう見てもその「超多忙時代」の絵に最も迫力がある。

ぬりかべ
今回はあまり欲しいものがなく、
購入したのは私が一番好きな妖怪キャラ
「ぬりかべ」のレターセットのみ。
展覧会図録を作っていない、というのがショックでした。
次は大阪に巡回するそうです。8月25日から。
(そして入場料は東京の半額……!)


*お知らせ*
本日月曜日の読売夕刊、『ごほうび』連載5回目です。
今回は一眼レフを楽しく運ぶアレ。3面です


2010-08-23 15:51 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。